Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 医療アートメイクによる、乳がん切除後の乳輪乳頭再建|Jスキンクリニック

    著者
    代表医師:牧野 潤
    医療アートメイク

    Jスキンクリニックでは、乳がん手術によって失ってしまった乳輪・乳頭を、医療アートメイクで再建する施術をおこないます。

    乳輪・乳頭を、医療アートメイクで手術します

    乳がんは女性のがんで最も罹患率が高く、いまや日本人女性の9人に1人が乳がんになる時代です。女性自身はもちろん、ご家族や友人のことも考えれば誰にとっても他人事ではありません。
    医学の発展にともなう治療成績の向上や、社会における女性のますますの活躍から、
    より多くの方々が、乳がんの治療や通院をしながら、積極的に社会活動をされていらっしゃいます。

    乳がんの切除や乳房再建の大手術を乗り越えた後、乳輪・乳頭の再建は最後の総仕上げといえます。
    一方で、さらに乳輪乳頭再建の手術(+場合によっては入院)をおこなうことの精神・身体・社会的負担は大きく、乳輪乳頭の再建については手つかずのままの方々も多くいらっしゃいます。

    医療アートメイクによる乳輪・乳頭再建は、下記の点で優れています
    ・日帰りでの施術が可能 (施術時間は1-2時間程度)
    ・他の手術治療と異なり、身体の他の部分にキズが残ることがない
    ・(片側の場合、)健側の形や色になるべく近づける工夫が可能
    ・色味が薄くなっていった際に、医療アートメイクならメンテナンスが可能

    しかし医療アートメイクによる治療は、
    ・十分な技術をもった施術者が少ない
    ・施術環境を整えている医療施設が少ない
    ことから、日本では供給が本来の需要に追い付いていない現状があります。

    また自費治療の扱いになるため、乳腺外科・形成外科の病院の先生方も、治療のオプションとして紹介はできるものの、紹介できる施設の選択肢がないことがほとんどかと思われます。

    そういった現状をふまえ、Jスキンクリニックでは医療アートメイクによる乳輪・乳頭再建の基幹施設となることを目指します。
    すでに施術のご予約を頂いたり、さらに多くのドクターからお問い合わせをいただいております。

    Jスキンクリニックでは、がん治療の次にある、より豊かな人生のための医療にも力をいれていきます。
    この分野についても、今後ブログでさらに紹介をしてまいります。