Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ハイフ
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    美容医療。

    さまざまな想い・お悩みに対してさまざまな施術・治療が提案されています。

    それゆえに複数の施術・治療を合わせてやっていくことも多いかと思います。

    その時に新たな悩みとなるのが、

    「〇〇と〇〇は同時にできるのか、できないならどれくらいの期間を空けたほうがよいのか?」

    ということではないかと思います。

    そしてケースバイケースで診察時の状態によることもありますが、実際にご相談を受けることも多いので、ひとつの目安としてご紹介をしてまいります。

    ~~~~~~~

    今回は「ほくろレーザー除去」と「医療ハイフ(HIFU)」の施術間隔についてです。

    前】医療ハイフ(HIFU) ⇒ 後】ほくろレーザー除去 の場合

    基本的には、ハイフをやった翌日以降に、問題なくほくろレーザー除去の施術が可能です。

    ただし遠方からご来院されていたり、お忙しくあまり来院のタイミングが取れない場合は、同日での施術のご相談も可能です。

    基本的にはアプローチしている層が異なるので直接的な相互作用はないですが、

    ハイフをやった直後~当日は施術箇所がほんのりと赤みが出ることが多いので、その赤みが落ち着いてからの方が無難かな、という印象です。

    (ハイフ施術後の赤みは、翌日には落ち着いていることが多いです)

    前】ほくろレーザー除去 ⇒ 後】医療ハイフ(HIFU) の場合

    これは個人差が大きいため個別判断となることも多いですが、ひとつの目安としては、

    ほくろレーザー除去をやってから1か月以上はあけて、医療ハイフの施術を受けることをおすすめしています。

    私の他のブログ記事でも記述しているように、ほくろレーザー後の跡は半年~1年程度かけて徐々に落ち着いてきます。

    なので個別の状態によらず一律で間隔を定めている施設などでは、半年以上あけてくださいと言われることがあるかもしれません。

    多数の医師やその他スタッフが在籍している医院などでは、個々の経験・能力・指針によらず一貫した対応ができるように、個々の状態によらず施術間隔を設定されていることが多いかと思います。

    実際にほくろレーザー施術後1か月だとまだ赤みはもちろんありますが、ある程度おちついている傾向があれば、ハイフの施術により大きな支障はないと考えられます。

    ですので当院では、まずは1か月程度あけたうえで、状態を確認したのちにご希望の方にはハイフ施術をおこなっております。

    まとめると、

    前】医療ハイフ(HIFU) ⇒ 後】ほくろレーザー除去 の場合

    ハイフをやった翌日以降に、問題なくほくろレーザー除去の施術が可能

    ※事情によっては同日施術も相談可能

    前】ほくろレーザー除去 ⇒ 後】医療ハイフ(HIFU) の場合

    ⇒(目安として)ほくろレーザー除去をやってから1か月以上はあけて、医療ハイフの施術を受けることをおすすめ

    ※ほくろ施術後の経過によって個別判断もある

    といったところでしょうか。

    各施術をおこなうにあたっては、

    ・各施術のメカニズムに関して適切に理解し知識を持つこと

    ・施術に用いる機器の特徴を理解すること

    ・施術のメリット及びデメリットを説明できること

    ・関連する形成外科的な創傷治癒プロセスや局所解剖の知識と経験をもつこと

    などなど、多くのことが必要になります。

    ほくろレーザー除去、医療ハイフ、その他さまざまな美容医療を提供しておりますので、お気軽にご相談ください♪

    過去の関連記事はコチラ

    症例シリーズ10|いぼ】たくさんの・茶色い・ざらざらとしたお顔のいぼもレーザー治療できます

    症例シリーズ9|ほくろ】色白な肌質の方はほくろ除去の効果がよりみえやすいです

    症例シリーズ7|ほくろ】ほくろ取り放題も2割以上が男性の方です

    症例シリーズ5|ほくろ】お顔にパラパラとある小さなほくろにはレーザー除去が適しています

    症例シリーズ4|唇のしみ】くちびるにあるしみやほくろはレーザー治療可能です

    ほくろ取りレーザー治療 アフターケア用の絆創膏

    症例シリーズ1|ほくろ】ほうれい線部分の比較的大きなほくろ

    2022年上半期(1~6月)で、約500名のほくろ治療をおこないました

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

    顔のたるみケア。ウルトラセルQプラスによる医療HIFU(ハイフ)

    頬のたるみ・二重あご改善、顔痩せに効果☆ 美容皮膚科で医療ハイフ

    当院のハイフ「ウルトラセルQプラス」

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ハイフ

    ハイフ。HIFU。High Intensity Focused Ultrasoundの頭文字。

    深層組織の引き締めやボリューム自体を落とす効果を、より手軽にできるようになったことで、今や一般的にも広く知られる美容施術のひとつとなりました。

    予防的観点からのフェイスデザインとして、比較的早い段階から受けられる方も多いです。

    そもそもなぜ顔が"たるむ"のか。 皮膚+脂肪+筋肉などの柔らかい組織は、顔の各所にある杭(靭帯)で保持されています。

    ・この杭(靭帯)が緩む

    ・土台の骨自体も委縮する

    そうして重力への抵抗力が下がり、弛みが起こります。

    ・皮膚の加齢性変化

    水分、コラーゲン、エラスチンなどの減少により、ハリ感がなくなることでたるみにつながる。

    ・骨組織の加齢性変化。委縮により、付着している靭帯との間がゆるくなり、たるみにつながる。さらに顔の広範囲にまたがるSMASも薄くなり、垂れてしまう。

    ・顔の脂肪の加齢性変化

    脂肪組織は、細かく区画(コンパートメント)に分かれている。加齢に伴い、比較的深い部分は全体として脂肪が減少する。しかし浅い部分は、部位ごとに増加・減少するエリアの傾向がある。

    たとえば下まぶた(下眼瞼)やオトガイの浅い脂肪組織は、加齢とともに減少する。一方で、ほうれい線や下あごの脂肪は分厚くなる。結果的に顔全体の重心が下がり、たるんだ印象がより強くなります。

    ・弛みの要因となる顔面の靭帯

    ①Orbicularis retaining ligament

     ⇒tear troughやpalpebromalar grooveなど、下まぶたのたるみ

    ②Zygomatic cutaneous ligament

     ⇒nasojugal foldやmidcheek grooveなど、中顔面のシワ(いわゆるゴルゴライン)

    ③Massetoric cutaneous ligament+maxillary ligament

     ⇒いわゆる"ほうれい線" (nasolabial fold)

    ④Mandibular cutaneous ligament

     ⇒いわゆる"マリオネットライン" (labiomandibular fold)

    これらの要素のパターンや強弱は、それぞれの方によって異なってきます

    従来のレーザー機器では、比較的深い部分にあるSMASや筋膜に対して、ピンポイントにエネルギーを加えることが困難でした。そんな中、ハイフはそのような狙った部分にエネルギーを集約させ、創傷治癒機転を利かせることでコラーゲン生成を促すことができます。

    そういった解剖学的観点から、種々のカートリッジを使い分ける意義が出てきます。

    SMAS、皮下脂肪層、真皮深層、基底層など、部位ごとに標的をかえてピンポイントにエネルギーを与えることで、高い安全性と効果の両立が可能となります。

    当院では現在、Jeisys社のウルトラセルQプラスというHIFU機器を導入しています。

    複数の専用カートリッジを用いて、部位ごとに効果的な焦点深度を狙って施術をおこないます。特に点状にエネルギーを加える"dot"と、線状に工夫された"linear"を使用できます。

    "dot"はSMASや靭帯、脂肪組織などにピンポイントで63℃の熱エネルギーを発生させ、タイトニング・リフティング効果をもたらします。

    "linear"は脂肪組織に60℃未満で広く熱エネルギーを展開し脂肪融解に作用します。

    実際はこのdotとlinearを部位により使い分けます。

    たとえば、頬エリアに関してはSMAS及び筋膜のタイトニング目的に、"dot"の特に4.5mm/3.0mmカートリッジを下顎まで照射します。さらに浅層に効かせるためにカートリッジを追加する場合もあります。当然顔面神経の各枝の走行を踏まえた、安全に配慮した施術をおこないます。

    顎下エリアは靭帯も顔面に比べ少なく、かつ脂肪組織が厚く垂れやすいので、"linear"も用います。もちろん、甲状腺に配慮した安全な施術を行います。

    最後に、、

    顔の片方だけハイフ施術をおこなった際の写真(笑)

    過去の関連記事はコチラ

    頬のたるみ・二重あご改善、顔痩せに効果☆ 美容皮膚科で医療ハイフ

    当院のハイフ「ウルトラセルQプラス」

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ハイフ
    美容皮膚科

    今回は当院のハイフ(HIFU)についてお話しします。

    (以下画像はJeisys社HPより引用)

    上記のようなお悩みに関して、

    ・フェイスリフト手術や糸リフトにも興味があるが、もう少し手軽におこないたい

    ・痛みやダウンタイムが少ない方が良い

    ・でも効果を出したい

    という方におススメできる施術です。


    当院で使用しているのはウルトラセルQプラスという機器です。


    ハイフにもたくさん種類がありますが、私がこの機械を選んだ理由は、

    ・痛みが軽減されていること

    ・照射時間が短縮されていること

    ・脂肪溶解作用のある、リニアという違う種類のカートリッジが使えること

    ・世界中で実績を出している機器であること

    などが挙げられます。


    ハイフにはいくつかカートリッジがあり、効かせたい皮膚の層に合わせて使い分けをします。
    そのため、しっかりと患者さんの悩みをカウンセリングして、その患者さんに合わせた施術をする必要があります。


    どのくらいの出力が適切なのかや、どの部位にどのカートリッジを何ショットくらい当てるべきなのかや、重点的に当てるべきなのはどこなのか、しっかり見極めが必要です。単にマニュアル通りに当てるだけでは、効果が不十分になってしまうと思います。


    そのような理由もあり、当院ではドクターがハイフの施術を行っています。
    まずはお気軽にカウンセリングからでも大歓迎です、お気軽にご相談ください♪

    大学病院にて日々顔面の手術を行い解剖を熟知している牧野Drと、博多天神の美容クリニックにて実績を重ねてきたあかねDrが、Jスキンクリニックならではのハイフ体験をご提供します。

    キャンペーン、診療案内、ご予約方法などはHP各ページをご確認ください♪

    過去の関連記事はコチラ

    当院のハイフ「ウルトラセルQプラス」

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ハイフ
    男性メニュー
    美容皮膚科

    今回はたるみのひきしめ治療である、ハイフ/HIFUについてです。

    まだ施術を受けたことがない方からよく聞かれる質問に、

    「HIFUは痛いですか?」というものがあります。


    以前ですと、HIFUは痛いもの、という認識がありました。
    痛いと言われる理由は、コラーゲン再生に必要なタンパク変性が起こる温度を大幅に上回る高熱で照射するため、熱感を強く感じるからだと言われています。


    当院で採用している「ウルトラセルQプラス」は、タンパク変性を引き起こし始める温度を少し上回る温度で照射できるため、狙った効果を引き出しながら、従来のHIFUより痛みが軽減されています。


    また、ウルトラセルQプラスの照射速度は、初代のウルトラセルと比べて1/3まで短縮されました。痛みを感じうる時間も短くなっており、結果として麻酔なしで施術を受けることが可能になりました。

    このようにより気軽にたるみ輪郭治療が受けられるようになったことで、

    手術によるリフトアップや糸リフトにも興味があるけども、まだそこまではいいかな、と思っている方にとっても、ひきしめ治療の選択肢が増えたことになります。

    また女性だけでなく、施術を受けられる男性のかたもかなり増えています。

    輪郭がより引き締まった印象になることで、お仕事のシーンはもちろん、プライベートでも活きると思います(笑)


    もちろん痛みの感じ方は人それぞれなので、痛みに敏感な方もいらっしゃいます。

    しかし、今までに痛くて治療を断念した方はいらっしゃいません。

    痛みの出方によって出力の調整もできますので、まずはカウンセリングだけからでも、お気軽にお越しいただければと思います。