Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    当院では、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)によるほくろ取り治療をおこなっており、

    北は北海道、南は沖縄までご来院いただいています。

    先日、熱心な方がアフターケア用の絆創膏を事前に購入されていらっしゃいました。(写真の左側)

    材質としては問題ないので、これはこれで使っていただく分には良いと思います。

    ほくろ取りを最大限仕上げるには

    適切な事前説明 + 適切な施術 +適切なアフターケア

    が大切になってきます。

    そのため、アフターケア用の専用の絆創膏を当院でもご用意しています。(写真の右側)

    (1シートあたり1,100円、切れている小さな絆創膏が49枚ついています。)

    ほくろ治療のために、海外から輸入しています。

    当院で用意している絆創膏の方が、1枚あたりのサイズが小さいので目立ちにくいのと、価格面でも市販のものを買うより割安なようです。

    使い方は簡単で、基本的には貼りっぱなしで、そのまま洗顔やお化粧などもして頂いて大丈夫です。

    施術後の数日は液が多少出て、絆創膏を貼ったところがお餅のように膨らんできます。

    膨らんでいるところが気になる場合や、絆創膏がはがれかけてきた際などは、

    洗顔前にはずしてから(一緒に洗って大丈夫です)、終わって水気をとってから貼りなおします。

    日数がたってくると、液も出なくなってきますので、そうしたら数日間貼りっぱなしにしたままで大丈夫です。

    サイズや深さによって差はありますが、基本的には絆創膏のケアを2週間程度おこなうことをおすすめしています。

    この期間は当然絆創膏だらけになってしまいますが、良い仕上がりを目指すための必要な期間ともいえます。

    もちろんそれぞれの方ごとに、ほくろのサイズや深さも差があり、生活やお仕事等の事情もあると思いますので、アフターケアについてもお気軽にご相談ください♪

    過去の関連記事はコチラ

    症例シリーズ1|ほくろ】ほうれい線部分の比較的大きなほくろ

    2022年上半期(1~6月)で、約500名のほくろ治療をおこないました

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ

    モニターとなっていただいている方々の記録写真が蓄積されている一方で、

    それをご紹介する手前で滞っておりました・・。(笑)

    今後は症例シリーズとして順次ご紹介していきます。

    ほうれい線部分にある比較的大きなほくろがある方です。

    サイズは長径4mmでした。

    注射による局所麻酔をしたあとに、炭酸ガスレーザーによる除去をおこないました。

    6か月後の経過写真になります。

    もともとあった盛り上がりも平坦になり、色味もまわりの皮膚の色調にまぎれるようになったことで良好な仕上がりとなりました。

    意外に削り方が大切で、やりすぎると凹みや逆に傷の盛り上がりにもつながってしまいますし、色素沈着も当然強くなります。

    ただし不十分だと大部分が再発や残存してしまう可能性も高まります。

    施術から3か月程度は色素沈着の色味は比較的強いですが、ただしいアフターケアを継続していくと、

    このように比較的大きいほくろでも半年程度でかなり目立ちにくくなります。

    レーザーによるほくろ取りは、

    レーザー機器自体の質 × 施術医師の技量 × 適切なアフターケア・フォロー

    のそれぞれが大切になります。

    当院では国内屈指の症例実績を誇っていますので、ほくろ除去の際はお気軽にご相談ください。

    過去の関連記事はコチラ

    2022年上半期(1~6月)で、約500名のほくろ治療をおこないました

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

    当院の医療スキンケア「THE POWER ザ・パワー」

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    早いもので、2022年も折り返し地点にこようとしています。昨年11月に開院した当院も、スタートから7か月がたちました。

    各種レーザー治療(シミ、ほくろ、医療脱毛など)や、ハイフ、ダーマペン、エレクトロポレーション、ボトックス、ピーリング、などなど幅広く美容医療をそろえております。

    一例として、今年に入ってからの6か月間、炭酸ガスレーザーによるほくろ取り治療実績を振り返ってみましたところ、

    なんと、約500名に達していました。

    広告宣伝費をかけず地道にやってきていますが、

    そのことを大手美容クリニックの方々からは、大変驚かれました。

    都内近隣だけでなく、関東の他県、さらには関東外からご来院いただくことも珍しくなくなってきた実感があります。

    「レーザーによるほくろ除去、ほくろ取り放題ならJスキンクリニック」

    という認知がさらに広げていけるよう、引き続き丁寧に診療をおこなってまいります。

    (モニター症例記録もたまっているので(笑)、順次ご報告をすすめていきます)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    ほくろ除去の治療。炭酸ガス/CO2レーザーを用いますが、実は色々種類(特性)があります。

    連続波(CW)、周囲の熱損傷を軽減するために改良されたスーパーパルス(SP)。

    なお当院で用いているレーザーは、SPからさらに周囲の熱損傷を抑えられるウルトラパルス(UP)です。

    炭酸ガスレーザーから出たレーザーは平行に見えて平行ではありません。

    つまり、肌表面との距離によって照射面積が変わり、単位面積あたりの出力が変わり、その結果必要な照射時間も変わります。そのため、医師の適切な施術技術も大切になります。

    また、ほくろ除去のご相談で、くり抜き法について聞かれることもあります。

    これは良い点もあって、

    レーザーを使わないので熱による損傷がない、手技がシンプルなのでどんな医師がやってもばらつきがない。という特徴があります。

    しかし、レーザーと比べてキズが深くなるので、その分治ったあとの凹みが目立ちやすくなる可能性もあります。

    ほくろ除去後のケア。これはとても大事になります。

    ポイントは乾燥させない、汚さない、こすらない、、などなど。

    様々なアフターケアの方法がありますが、

    当院ではハイドロコロイド材を用いた閉鎖湿潤療法を採用しています。

    2週間程度その絆創膏を使用いただくことをおすすめしています。

    キズを適度に潤いを与え、防水、遮光、など。交換も簡単で毎日でなくて良いのもポイント。

    1枚あたり1,100円で取り扱っておりますが、1~2枚購入される方が多いです。

    過去の関連記事はコチラ

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

    当院の医療スキンケア「THE POWER ザ・パワー」

    しみはレーザー&医療スキンケアで撃退します

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    しみ
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    八丁堀・新富町エリアの美容皮膚科クリニックとして徐々に浸透してきているようで、

    中央区にお住まいの方々・お仕事でいらしている方々により多くご来院いただくようになりました。

    また近隣・都内以外の方でも、他県からご来院いただく機会も増えました。

    特にそのようなご予約が多いのは、

    ・ほくろ取り放題(炭酸ガスレーザー治療)

    ・シミレーザー打ち放題(Qスイッチルビーレーザー治療)

    で、年明けからの約1か月半で、なんと合わせて100名近くの方々が来院されていました。

    年明けから2月中旬の時点で既に、

    治療したホクロは1000個以上、治療したシミは数百個以上ということになります。(笑)

    個人的に嬉しかったのは、当院の治療に満足頂いた方からの紹介やクチコミをきっかけに、

    新たにご予約いただいた方々が増えていることです。

    下記のような点が、当院を支持いただいている理由かなと考えています。

    ・①最新の肌診断機VISIAを用いて、治療前のお肌の状態を丁寧にカウンセリングします。

    ・②ホクロでもシミでも、まずレーザーによる治療をおすすめするかどうかを見極めます。レーザー以外の治療が望ましいと考えられた際には、他の治療アプローチをおすすめすることもあります。

    ・③治療後も経過のフォローをおこない、結果を出すために医師が一緒に伴走します。やりっぱなしで後は知りません、というスタンスではありません。

    ・④安心の保証制度もあります。ホクロの再発や残存の場合の再処置は追加レーザー費用無し(1年間有効)、シミの再照射も追加レーザー費用無し(2年間有効)

    ・⑤それでいて料金もお手頃です。(大事ですよね(笑))

    実は他メニュー(医療脱毛、ダーマペン、ピーリング、などなど)もお手頃料金であることに気づいていただき、合わせてご利用いただくようになることも多いです。

    そうやって来院くださった方に期待以上の満足をしていただくことで、

    「美容皮膚科って敷居が高いものではなかったんだ」と感じていただき、

    さらに多くの方にも当院の良さを知っていただけたら嬉しいなと思います♪

    過去の関連記事はコチラ

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

    「THE POWER」当院のトレチノイン療法について、インスタ質問箱に回答しました

    頬のシミが気になる方向け、レーザーと塗り薬による治療

    当院の医療スキンケア「THE POWER ザ・パワー」

    しみはレーザー&医療スキンケアで撃退します

    まずはカウンセリングだけからでも結構です。お気軽にご来院ください♪

    (ご料金・キャンペーン・ご予約方法についてはHPご確認ください)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    今回はホクロ除去についてお話しします。

    シミのレーザー治療&THE POWERによるスキンケアをされている方から、

    ホクロ取りの相談を受けることがよくあります。

    今まで気になっていたシミが改善されて、さらにお顔全体のトーンがあがってくると、

    たしかにさらにホクロ除去をすると全体がすっきりすることが多いです。

    実際、私も顔にパラパラとあった細かいホクロを一斉にレーザー除去しました。

    自分にはほとんどないと勝手に思っていたら、意外にたくさんありました(笑)

    ほくろの除去方法には、レーザーや手術などがあります。


    当院では、炭酸ガスレーザー法によるほくろ除去を行なっております。
    炭酸ガスレーザーは水分を含むものに吸収される性質を持ち、皮膚には水分が多く含まれるため、照射すると一瞬でほくろを焼いて蒸散させることが可能です。


    当院で使用しているレーザー機器は、非常に短時間に高エネルギーをピンポイントに照射できるので、治療時間も短く、精度も高い治療をおこなっています。

    そんなホクロ取り治療について、よく受けるご質問についてお答えします。

    Q1. ダウンタイムはどのくらい?

    A.

    いわゆるダウンタイムとしては、サイズにもよりますが数日~1週間程度は特殊な絆創膏を貼っておきます。

    処置をした翌日などは液が出るので、下の写真のように、絆創膏に白いふくらみができます。

    (私の腕です(笑))

    このままでも全然問題ないのですが、気になる場合はお風呂の前にはずしてきずも洗い、

    お風呂あがりに新しくはりなおします。

    日に日にふくらみが小さくなり、そのうち液が出なくなりますので、そうしたら絆創膏は終了で大丈夫です。

    Q2. ホクロを除去したところをより目立たなく、きれいに治すには?

    A.

    絆創膏の治療がおわってからは、1~数か月間はUVケアが大切です。

    日焼けをすることで、色素沈着が起こりやすくなってしまうためです。

    さらに丁寧なケアをご希望の方には、メラニン生成を抑えるクリームや、マイクロポアというテーピングによるケアもご提案することができます。

    Q3. 数が多いので費用が心配ですが大丈夫でしょうか?

    A.
    当院ではほくろ取り放題のメニューもご用意しています♪ (料金やキャンペーンなどはHPをご確認ください)

    先日は一度で20個以上のホクロ除去をされた方もいらっしゃいました。

    ひとつずつ、取りたいところ、残したいところを確認して施術をおこないますので、ご安心ください。

    Q4. 再発しないかが心配ですが、大丈夫でしょうか?

    A.

    当院ではホクロ除去の施術をおこなった方のフォローアップもしっかりおこないます。

    もし3か月以上たって、「これはホクロの残りかな?」と思うことがあればご相談をいただき、

    もし再施術が必要になった場合は、追加のレーザー施術料金はいただきません。

    (1年間有効、別途診察料、絆創膏や軟膏などの物品費はかかります)

    ホクロがなくなるとお顔の印象も変わりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください♪