Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    その他
    医療アートメイク
    医療レーザー脱毛
    美容皮膚科

    J-SKIN clinic / Jスキンクリニックは、2021年11月に設立した美容クリニックです。

    「医療と美容の架け橋となる」クリニックというコンセプトに、スタッフ一丸でご来院頂く方をお迎えしております。

    2022年に入ってから現在(2022年8月23日時点)まで、

    のべ約2,500名の方にご来院をいただいております。

    これまで宣伝広告をおこなわず、クチコミやご紹介を中心にやってきていますが、

    最近はGoogleなどのインターネットweb検索をきっかけにご来院いただく機会も増えてきています。

    web検索で当院にたどり着いた方は、おそらく何ページも情報収集を熱心にされている方かと思います。

    というのも、美容医療に関する検索で、どんなキーワードでも

    「〇〇のおすすめ人気クリニック〇〇選」

    といった比較・まとめサイトがたくさん出てきます。

    そのような比較・まとめサイトに、当院の名前はあがっていません。

    その理由となる背景や、当院に限らず美容クリニックを選ぶうえで大切な点について、今回はご紹介したいと思います。

    比較サイトの利点は、

    「美容医療施術について、おすすめクリニックの施術詳細や費用などを一気に見比べることができる」

    ことです。

    美容医療施術の種類も、さらにクリニックの数もたくさんあるので、

    どこのクリニックを選んだらよいかわからない方にとっては、比較サイトのような存在はありがたい存在です。

    一方で、このような比較サイトの数自体があまりに多いことにも気づかれるのではないでしょうか。

    それはなぜかというと、比較サイトをビジネスとしておこなう会社やアフィリエイターが数多くいるからです。

    アクセスが多く集まる比較サイトには、クリニック側も広告料として費用を払っても掲載されたいと考えますし、

    実際に掲載されるにはクリニック側が費用を支払う必要性がある場合がほとんどです。

    なぜならその施術を受けたいと考えている人が訪れるサイトなので、新規来院につながる可能性が高いからです。

    ただし最近では、この乱立するまとめ・比較サイトの信頼性を疑問視する声もあります。

    というもの、サイト運営者の判断で、おすすめクリニックの選定や評価を操作することが可能で、

    結果的に広告料を多く支払っているところの評価をあげることなど、簡単にできてしまうからです。

    もちろんすべてのサイトがそうではないはずですが、

    残念ながら、実質的には広告だらけのまとめ・比較サイトをよく目にするのも現状です。

    そういった背景を踏まえて、当院では比較サイトへの掲載案内をお断りしております。

    また、クリニック選びで迷われている方には、以下の点をおすすめします。

    ・ホームページで、施術に関する各料金が明確に記載されていること

      ⇒料金の総額が見えにくい場合は、理由がある可能性が高いです

    ・ローンや分割払いを前提にしていないこと

      ⇒ローンを組んでまで急いでするべき美容医療はないですし、結局総額もみえにくいです

    ・(可能なら)実際に行った友人や知人からのおすすめがあること

      ⇒これはあると安心ですね

    ・カウンセリング予約が可能なこと

      ⇒医師カウンセリングが可能であることが望ましいです

    「クリニック」選びとはいっても、そのクリニックを構成するのは「人」であり、

    医師・看護師・事務スタッフひとりひとりになります。

    webサイトではどこも同じようにみえたとしても、その「人」がつくりだすクリニックの雰囲気や文化は、実際に足を運んでみると感じるものがあると思います。

    長くなりましたが、なにか少しでもお役に立つ内容でしたら幸いです♪

    過去の関連記事はコチラ

    当院のチームワークにおけるvalues(共通価値観)

    Jスキンクリニックが商標登録されました

    第65回 日本形成外科学会(2022/4/20)にて登壇します

    第30回日本乳癌学会学術総会 に登壇しました

    アド街ことアド街ック天国で、新富町が特集されていました

    お友達ご紹介カードをはじめました

    第65回日本形成外科学会総会 シンポジウムに登壇します

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    体の脱毛
    医療レーザー脱毛
    顔の脱毛

    医療レーザー脱毛。

    いまでは幅広い年代で、男女性別問わず、本当に多くの方が受けられている美容医療施術のひとつといえます。

    もちろんレーザー脱毛は医療行為であり、適切な管理・施術をおこなわないと望まないトラブルを招きかねません。

    つい先日も、医療脱毛でのとある火傷トラブル事例がTwitterで拡散され、話題になっていたようです。

    その事例に関連して、下記の3点について、JSKINの取り組みと合わせてご紹介します

    ① 熱傷(やけど)のトラブルはなぜ起こってしまったのか?

    ② なぜ広範囲に熱傷がおこってしまったのか?

    ③ なぜ全体ではなく、まばらに・かつ均等に熱傷がおこっているのか?

    ① 熱傷(やけど)のトラブルはなぜ起こってしまったのか?

    ⇒これは当事者ではないので、最終的な結論を出すことはできませんが、

    機器の出力設定のミス、機器の仕様に対する理解不足、施術時の肌状態のなんらかの要因、機器自体の故障、などが可能性として考えられます。

    いずれの理由であれそれは避けるべきリスクであり、JSKINでは以下のような取り組みをしています。

    ・施術前に医師が肌状態を確認し、出力の設定を決めることを責任としています。

    ・設定した出力が、ただしく機械に入力されていることを、施術看護師が目視で再確認します。

    ・実際に患者さんに照射をする前に、施術看護師が自身の腕でテスト照射をおこないます。

    ・機械自体はもちろん正規品であり、定期的な保守管理をおこなっています。

    ・私および施術看護師は全員、メーカーでの正規研修を受けています。

    ② なぜ広範囲に熱傷がおこってしまったのか?

    ⇒これはどういうことかというと、1ショットずつレーザーを照射しているわけなので、明らかな不具合のある反応が起こった時点で中断していれば、トラブルはその場所にしかおこらないはずです。

    全身にわたって受傷しているということは、トラブルがおこっても気づいていない、または気づいていても中断しなかった可能性があります。

    JSKINでは以下のような取り組みをしています。

    ・施術看護師は患者さんと適切なコミュニケーションをとり、痛みが強かったり施術で違和感を感じた際には、気兼ねなく施術看護師に言えるようにしています。

    ・施術の前でも、施術中でも、施術後でも、施術看護師が気になったことがあった際には、遠慮なく医師に相談できる文化をつくっています。

    ③ なぜ全体ではなく、まばらに・かつ均等に熱傷がおこっているのか?

    ⇒これは本筋とはずれるかもしれませんが、私は個人的にかなり気になった点です。

    レーザー照射をした部分にトラブルがおこるならば、全面にその反応がおこっているはずですが、

    なぜか均等な間隔をもって、点をうつように熱傷が起こっています。

    これはなぜかというと、

    照射と照射のすきまが開きすぎているからです。

    その方が施術は早く終わって回転は速くなるので、クリニック側としては好都合でしょう。

    さらに、レーザーを当てていない範囲があるため効果は不十分となり、そのぶん施術回数が増えるので、売上アップにもつながるかもしれません。

    ただし、その不利益は施術を受けられている方がこうむることになってしまいます。

    JSKINでは以下のような取り組みをしています。

    ・(当たり前ですが、)施術エリアでの当て漏れが出ないよう、間隔をつめて適切な照射をおこなっています。

    ・具体的には、施術前にブロックごとにマーキングをおこない、各ブロックごとに細かく施術するという工夫をしています。

    ・施術ごとに割り当てられている時間は、他の医院と比べると比較的長くとっています。その結果施術看護師には、次の患者さんがすぐ来るからという焦りを感じることなく、目の前の患者さんのための施術に集中できるようにしています。

    ・マーキングや施術の仕方については院内で共通化しており、十分な研修期間を経て実際に患者さんへの施術をおこなっています。

    ・定期的に私も交えて研修会をおこない、技術や接遇のさらなる向上に努めています。

    当院では幸いこれまで熱傷となるトラブル事例は発生していませんが、

    なんらかの原因で万が一のことが起こる可能性は常に潜んでいます。

    上記のような取り組みで、もちろんそのようなことが起こらないよう努めておりますが、

    仮に何かしらの有害事象が起こった際には、誠意をもってその後のフォローを含め対応いたします。

    医療脱毛をおこなうクリニックがあまりに多い現在において、一般の方が事前に得られる情報といえば、

    ・価格

    ・使用している機械

    くらいなのではないでしょうか。

    ということで、

    当事者だからこそお伝えできるみえないこだわりについて、今回はご紹介させていただきました♪

    過去の関連記事はコチラ

    慶應義塾大学医学部 形成外科の医局報にJスキンクリニックが紹介されました

    医療脱毛クリニック選びの9ポイント

    男性のヒゲ医療脱毛、途中経過になります

    ヒゲ脱毛で美肌&モテ肌を目指す

    医療脱毛の様々なかたち

    スキンケアとしての、顔の医療脱毛

    40代-50代のVIO医療脱毛(介護脱毛)がNHKで特集されていました

    痛くない医療脱毛(後編)

    痛くない医療脱毛(前編)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    医療アートメイク
    医療レーザー脱毛

    当院「Jスキンクリニック / J-SKIN clinic」は、2021年11月12日に中央区八丁堀/新富町に開院した、自費診療クリニックです。

    「保険診療の受け皿となる医療機関」をコンセプトに、開院から半年でのべ1500名以上の方々にご来院いただいております。

    そんな中、慶應義塾大学医学部 形成外科の医局報にて当院を紹介いただける機会に恵まれました。

    例えばアートメイクによる乳輪乳頭再建は、国内でも屈指の症例数を経験している施術看護師が、当院での全施術を担当しています。

    また毛巣洞やケロイドに対する予防・治療目的の方向けのレーザー脱毛施術にも対応しています。

    もちろん一般向けにシミ・ホクロ・医療脱毛などのレーザー施術等も幅広く提供しています。

    多くの美容クリニックが乱立する現状のなか、

    外部のオーナーや出資者をいれず、財務・ホームページ・労務管理などを内製している当院のようなところは、かなり珍しい存在なのではないかと思います。

    そのような取り組みを評価いただき、先の第65回日本形成外科学会総会(大阪)シンポジウムにて、設立の経緯や将来のビジョンについて発表させて頂く機会にも恵まれました。

    流行や華美さではなく、着実な診療を継続していくことがなによりも大切だと考えております。

    大学病院や市中基幹病院とも連携しながら、地域密着のクリニックとしてさらに発展していきたいと思います!

    最後に記念に自撮り(笑)

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線H12)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線Y20)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    医療レーザー脱毛

    医療脱毛。ここ数年でさらにニーズが伸びています。

    それに伴って施術をおこなっているクリニックも増加していますが、

    それゆえに「どこを選んだら良いかわからない」といった声も多くあるようです。

    個々のクリニックについて、私が詳しく知らないところや、むしろ知り過ぎてしまっている(笑)ところもあるので、個別に言及することはありません。

    ただクリニック選びの参考になればということで、下記に9ポイントを挙げてみました。

    ~医療脱毛クリニック選びの9ポイント~

    ①自宅や職場からのアクセス

    ②予約の取りやすさ

    ③使用している機械

    ④施術部屋やクリニックの雰囲気

    ⑤VIOやヒゲに麻酔対応しているか

    ⑥医師が出力の設定をしているか

    ⑦看護師や受付スタッフの人柄

    ⑧医師が皮膚状態の診察をするか

    ⑨価格

    各ポイントについて当院はどうか?についても、せっかくなので述べていきます。

    ポイント①自宅や職場からのアクセス

    ⇒日比谷線八丁堀駅から徒歩2分、有楽町線新富町駅から徒歩4分です。 銀座や東京駅からも近いですが、静かな場所なので知り合いにばったり会うこともありません(笑)

    ポイント②予約の取りやすさ

    ⇒お電話、LINE、webサイトからご予約可能です。既存で通われている方の予約が優先のため、回数契約したのに全然予約が取れない、ということがないよう工夫しています。また、回数契約以外にも、単回で施術を受けることも可能です。

    ポイント③使用している機械

    ⇒当院では、熱破壊式の「ジェントルマックスプロ」(シネロンキャンデラ社)を導入しています。もちろん本物です(笑) 実際熱破壊式でも蓄熱式でも、きちんと正しい施術をおこなえば効果は正しく出ます。正しい機械で正しい施術。

    ポイント④施術部屋やクリニックの雰囲気

    ⇒脱毛専用のプライベート個室でおこないますのでご安心ください。お荷物やお洋服をかけるロッカーもあります。クリニックは華美な装飾はなく、シンプルで清潔感を重視した雰囲気になっています。

    ポイント⑤VIOやヒゲに麻酔対応しているか

    ⇒医療脱毛は部位によっては痛いのも事実です。女性はVIO、男性はひげが特に痛いです。痛みが苦手な方は、施術前に麻酔クリームを塗るオプションも選択可能です。自分もひげ脱毛を受ける際は麻酔塗ってます(笑)

    ポイント⑥医師が出力の設定をしているか

    ⇒画一的な設定ではなく、ご本人の肌や毛の質をみて都度設定します。また施術後の肌の反応も記録しているので、その次もより適切な設定が可能になります。医師と施術をおこなう看護師のコミュニケーションも円滑です。

    ポイント⑦看護師や受付スタッフの人柄

    ⇒私もスタッフも一丸で「このクリニックにきてよかった」と感じていただけるよう日々努力しています。成果はぜひ体験してください(笑) ちなみにまず単回のつもりで施術を受けてから、よりお得な回数セットに決めることができます

    ポイント⑧医師が皮膚状態の診察をするか

    ⇒⑥で書いた通り、まず皮膚状態を診察して設定を決めます。また施術に皮膚状態になにか不安点があった場合も、速やかに医師が診察します。医師と施術看護師間のコミュニケーションを円滑に行っています。

    ポイント ⑨価格

    ⇒大事なことは"トータルでかかる費用"です。分割払いの1回あたり料金や、初回のみ料金を前面に打ち出す手法は私は好みではありません。当院では、実際にかかる費用は全てHPに出しています。不明点があればいつでもお問い合わせください♪

    ・・・と、気づけば長くなってしまいました。

    まずはカウンセリングのみからでも大歓迎です。ぜひお気軽にご来院ください^^

    過去の関連記事はコチラ

    男性のヒゲ医療脱毛、途中経過になります

    ヒゲ脱毛で美肌&モテ肌を目指す

    医療脱毛の様々なかたち

    スキンケアとしての、顔の医療脱毛

    40代-50代のVIO医療脱毛(介護脱毛)がNHKで特集されていました

    痛くない医療脱毛(後編)

    痛くない医療脱毛(前編)

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    診療時間:10:15~18:30

    休診日:毎週月曜、第2,4木曜

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線H12)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線Y20)より徒歩4分

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    医療レーザー脱毛
    男性メニュー
    顔の脱毛

    脱毛を検討中されている方から必ずと言ってよいほどご質問を受けることとして、

    「何回くらい通ったらよいですか?」

    ということがあります。

    確かに気になりますよね。

    これは一律にお伝えするのが難しく、もともとの肌や毛の質や、脱毛する部位によって個人差があります。

    ①ですのでまずは1回施術を受けていただいて、続けられそうか検討いただき、

    ②継続できそうであれば5,6回継続して施術を受け、

    ③その後はその時点での脱毛実感をもとに、追加で受けられるかを検討されることをおすすめしています。

    ①については、レーザーを当てられた感覚を体験し、あとは定期的に通院する上でのアクセスや、当院の医師やスタッフ、院内の雰囲気をまず感じていただきたいと考えています。

    ②③については、安定して効果を実感頂ける目安の回数としておすすめしています。当初の部位よりも狭いエリアでの追加で十分の場合もありますので、その時の状態を踏まえて照射エリアを検討いただくことも可能です。

    こちらはヒゲ脱毛を3回受けられた方の写真になります。

    すでにひげ剃りの負担はだいぶ軽くなりますし、お肌の印象も変わってきます。

    まだ3回なので、さらに継続されることでよりすっきりとした印象になってくると思います。

    最近、脱毛で通院されている方が、パートナーの方を連れて来院いただくことが増えてきました。

    お聞きすると、

    ・効果を実感されて、パートナーの方におすすめしたくて連れきた、

    というパターン以外にも、

    ・脱毛の効果を目の当たりにして、パートナーの方自身が興味深々で来院くださる、

    というパターンもあります。

    自分自身だけでなく、周りの方にも効果を認められるくらいですから、

    やはりやってよかった、と感じられる施術のひとつだと思います。

    これを機に、ぜひ周りをあっと驚かせてしまいましょう(笑)


    過去の関連記事はコチラ

    ヒゲ脱毛で美肌&モテ肌を目指す

    医療脱毛の様々なかたち

    スキンケアとしての、顔の医療脱毛

    40代-50代のVIO医療脱毛(介護脱毛)がNHKで特集されていました

    痛くない医療脱毛(後編)

    痛くない医療脱毛(前編)

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    診療時間:10:15~18:30

    休診日:毎週月曜、第2,4木曜 (土日祝も営業♪)

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線H12)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線Y20)より徒歩4分

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)