Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    当院では、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)によるほくろ取り治療をおこなっており、

    北は北海道、南は沖縄までご来院いただいています。

    先日、熱心な方がアフターケア用の絆創膏を事前に購入されていらっしゃいました。(写真の左側)

    材質としては問題ないので、これはこれで使っていただく分には良いと思います。

    ほくろ取りを最大限仕上げるには

    適切な事前説明 + 適切な施術 +適切なアフターケア

    が大切になってきます。

    そのため、アフターケア用の専用の絆創膏を当院でもご用意しています。(写真の右側)

    (1シートあたり1,100円、切れている小さな絆創膏が49枚ついています。)

    ほくろ治療のために、海外から輸入しています。

    当院で用意している絆創膏の方が、1枚あたりのサイズが小さいので目立ちにくいのと、価格面でも市販のものを買うより割安なようです。

    使い方は簡単で、基本的には貼りっぱなしで、そのまま洗顔やお化粧などもして頂いて大丈夫です。

    施術後の数日は液が多少出て、絆創膏を貼ったところがお餅のように膨らんできます。

    膨らんでいるところが気になる場合や、絆創膏がはがれかけてきた際などは、

    洗顔前にはずしてから(一緒に洗って大丈夫です)、終わって水気をとってから貼りなおします。

    日数がたってくると、液も出なくなってきますので、そうしたら数日間貼りっぱなしにしたままで大丈夫です。

    サイズや深さによって差はありますが、基本的には絆創膏のケアを2週間程度おこなうことをおすすめしています。

    この期間は当然絆創膏だらけになってしまいますが、良い仕上がりを目指すための必要な期間ともいえます。

    もちろんそれぞれの方ごとに、ほくろのサイズや深さも差があり、生活やお仕事等の事情もあると思いますので、アフターケアについてもお気軽にご相談ください♪

    過去の関連記事はコチラ

    症例シリーズ1|ほくろ】ほうれい線部分の比較的大きなほくろ

    2022年上半期(1~6月)で、約500名のほくろ治療をおこないました

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    医療アートメイク

    2022年6月30日(木)~7月2日(土)でパシフィコ横浜にて開催されている、第30回日本乳癌学会学術総会のシンポジウムにて口演をおこないました。

    当院でおこなっている、アートメイクによる乳輪乳頭再建「乳房彩り(いろどり)再建」について発表しました。

    タイトル:「乳房再建のその先へ - 医療アートメイクによる日帰り乳輪乳頭再建 ( 乳房彩り再建 )」

    乳がんを切除する手術のあと、形成外科医による乳房再建に進むことは、現在では一般的な選択肢となりつつあります。

    しかしながら、乳房再建の後に乳輪乳頭再建をおこなう割合は、現在国内ではわずか1割程度といわれています。

    従来の手術による再建方法では、体力的・精神的負担も、仕事や育児の都合で時間的な制約もある方にとっては、

    日帰りで、かつ1.5h程度の時間で施術を受けられるアートメイク再建は、新たな有力な選択肢となると考えます。

    当院の「美容と医療の架け橋となるクリニック」というコンセプトの通り、

    現在美容の世界では一般的となっているアートメイクの技術を応用し、

    乳癌の患者さん達に新たな価値を提供することができる領域といえます。

    採択率が低いと言われる日本乳癌学会において、なんとシンポジウム演題として選出されるということは大変名誉であり、新たな取り組みとして注目をいただいているが故だと感じます。

    発表後も質問やフィードバックもいただき、反響も実感しました。

    今後も地道に、着実に発展させていきたいと思います。

    過去の関連記事はコチラ

    医療アートメイクによる日帰り乳輪乳頭再建(乳がん手術をされた方向け)

    慶應義塾大学医学部 形成外科の医局報にJスキンクリニックが紹介されました

    第65回 日本形成外科学会(2022/4/20)にて登壇します

    日本初の医療アートメイクスクール”unfe”設立と、乳輪乳頭再建の発展

    医療アートメイクによる、乳がん切除後の乳輪乳頭再建

    女性のための乳腺専門クリニック―マンマリアツキジをご訪問しました

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    その他

    当院の名称である「Jスキンクリニック/J-SKIN clinic」が商標登録されました。

    アルファベット一文字 + スキンクリニック というやや一般名にも捉えられる名称ですが、無事に認可がおりました。

    届いた登録証が賞状ぽくて嬉しかったので(笑)、記念もかねて一枚。

    この名前を使ってなにかする予定は特にありませんが、

    想定外の外的リスクからクリニックを守るために、一応とっておいたかたちです。

    調べてみると、数々のクリニックが商標登録をとっているんですね。

    自分はこちらでお世話になりました。

    株式会社Toreru

    本音としては100%臨床だけのことを考えたいわけですが(笑)、事業経営の観点でもしっかり運営してまいります!

    事業会社や非医療者のオーナーが設立・運営する美容クリニックはたいへん多いですが、

    そのような競争環境の中、Jスキンクリニックらしさを大切にしながら臨床に向き合ってまいります。

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ

    モニターとなっていただいている方々の記録写真が蓄積されている一方で、

    それをご紹介する手前で滞っておりました・・。(笑)

    今後は症例シリーズとして順次ご紹介していきます。

    ほうれい線部分にある比較的大きなほくろがある方です。

    サイズは長径4mmでした。

    注射による局所麻酔をしたあとに、炭酸ガスレーザーによる除去をおこないました。

    6か月後の経過写真になります。

    もともとあった盛り上がりも平坦になり、色味もまわりの皮膚の色調にまぎれるようになったことで良好な仕上がりとなりました。

    意外に削り方が大切で、やりすぎると凹みや逆に傷の盛り上がりにもつながってしまいますし、色素沈着も当然強くなります。

    ただし不十分だと大部分が再発や残存してしまう可能性も高まります。

    施術から3か月程度は色素沈着の色味は比較的強いですが、ただしいアフターケアを継続していくと、

    このように比較的大きいほくろでも半年程度でかなり目立ちにくくなります。

    レーザーによるほくろ取りは、

    レーザー機器自体の質 × 施術医師の技量 × 適切なアフターケア・フォロー

    のそれぞれが大切になります。

    当院では国内屈指の症例実績を誇っていますので、ほくろ除去の際はお気軽にご相談ください。

    過去の関連記事はコチラ

    2022年上半期(1~6月)で、約500名のほくろ治療をおこないました

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

    当院の医療スキンケア「THE POWER ザ・パワー」

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ほくろ・いぼ
    美容皮膚科

    早いもので、2022年も折り返し地点にこようとしています。昨年11月に開院した当院も、スタートから7か月がたちました。

    各種レーザー治療(シミ、ほくろ、医療脱毛など)や、ハイフ、ダーマペン、エレクトロポレーション、ボトックス、ピーリング、などなど幅広く美容医療をそろえております。

    一例として、今年に入ってからの6か月間、炭酸ガスレーザーによるほくろ取り治療実績を振り返ってみましたところ、

    なんと、約500名に達していました。

    広告宣伝費をかけず地道にやってきていますが、

    そのことを大手美容クリニックの方々からは、大変驚かれました。

    都内近隣だけでなく、関東の他県、さらには関東外からご来院いただくことも珍しくなくなってきた実感があります。

    「レーザーによるほくろ除去、ほくろ取り放題ならJスキンクリニック」

    という認知がさらに広げていけるよう、引き続き丁寧に診療をおこなってまいります。

    (モニター症例記録もたまっているので(笑)、順次ご報告をすすめていきます)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~

    ほくろ除去の治療。炭酸ガス/CO2レーザーを用いますが、実は色々種類(特性)があります。

    連続波(CW)、周囲の熱損傷を軽減するために改良されたスーパーパルス(SP)。

    なお当院で用いているレーザーは、SPからさらに周囲の熱損傷を抑えられるウルトラパルス(UP)です。

    炭酸ガスレーザーから出たレーザーは平行に見えて平行ではありません。

    つまり、肌表面との距離によって照射面積が変わり、単位面積あたりの出力が変わり、その結果必要な照射時間も変わります。そのため、医師の適切な施術技術も大切になります。

    また、ほくろ除去のご相談で、くり抜き法について聞かれることもあります。

    これは良い点もあって、

    レーザーを使わないので熱による損傷がない、手技がシンプルなのでどんな医師がやってもばらつきがない。という特徴があります。

    しかし、レーザーと比べてキズが深くなるので、その分治ったあとの凹みが目立ちやすくなる可能性もあります。

    ほくろ除去後のケア。これはとても大事になります。

    ポイントは乾燥させない、汚さない、こすらない、、などなど。

    様々なアフターケアの方法がありますが、

    当院ではハイドロコロイド材を用いた閉鎖湿潤療法を採用しています。

    2週間程度その絆創膏を使用いただくことをおすすめしています。

    キズを適度に潤いを与え、防水、遮光、など。交換も簡単で毎日でなくて良いのもポイント。

    1枚あたり1,100円で取り扱っておりますが、1~2枚購入される方が多いです。

    過去の関連記事はコチラ

    ほくろ取り放題、シミレーザー打ち放題のご予約が大変多くなっております

    東京でほくろ取り放題するなら当院へ

    当院の医療スキンケア「THE POWER ザ・パワー」

    しみはレーザー&医療スキンケアで撃退します

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)