Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 幹細胞培養上清とNMNの違いとは?(成分 研究論文 費用など)

    著者
    代表医師:牧野 潤
    幹細胞培養上清

    以前のブログでは、幹細胞培養上清の概要や、プラセンタとの違いについて書きました。

    他にも、アンチエイジングや若返りに興味を持っている方であれば、「NMN」について既にご存じの方も多いと思います。

    ということで今回は、幹細胞培養上清とNMNを比較しながら、それぞれの特徴を整理していきます!

    ~その1 当たり前ですが、物質そのものが違います~

    ⇒幹細胞培養上清は幹細胞から得られる様々なエクソソームやサイトカインが寄せ集められているエキスで、NMNは単一の物質です。

    幹細胞培養上清は….

    幹細胞を培養した際に得られる上澄み液で

    幹細胞から分泌される様々な生理活性物質 (成長因子、サイトカイン、エクソソームなど)が非常に豊富に含まれています。

    より平たく表現をすると、

    若々しい活きの良い細胞(幹細胞)を上手に育てて(培養して)、

    その細胞が生み出すエキス(サイトカイン)を若返り治療に活用する、

    という医療です。

    NMNとは….

    ニコチンアミド モノ ヌクレオチド(“N”icotinamide “M”ono”N”ucleotide)という物質名を省略したものになります。人間の体内にも存在する、ビタミンにも似た物質です。

    NMNは体内でNAD+という物質に変換され、これが様々な効果をもたらすと考えれています。

    効果のひとつとして、老化に関わっている遺伝子Sirtuin1(サーチュイン遺伝子)を活性化させ、若返り効果が期待できるのではないか、と研究がなされています。

    だったらNAD+を直接とればよいのでは、と思うかもしれませんが、

    口から摂取すると腸で破壊されてしまったり、点滴で投与しても脳関門(脳に進むための血管のゲート)を通過できないため、NAD+に進化する手前のNMNをとる方法が採用されています。

    このNMNを錠剤として口から摂取したり、点滴で投与するとアンチエイジングや若返りによいと積極的に宣伝されている印象です。

    良い・悪いとは別に、そもそも全く異なるものであるということがお分かりいただけると思います。

    ~その2 ヒトへの研究成果の違い~

    ⇒臨床試験でヒトへの効果が示されているのが幹細胞培養上清、まだ示されていないのがNMN

    幹細胞培養上清の研究は意外に歴史があり、現在は点滴による直接投与、ダーマペンやエレクトロポレーション、化粧品等による肌への直接投与、メソセラピーによる育毛治療などに用いられています。

    すでにヒトへの臨床研究も実施されています。もちろん、その以前にマウスに対する若返り効果なども確認したうえでおこなわれています。

    一方でNMNは、マウスを対象とした若返り研究では様々な効果が示唆されています。

    しかし、実はヒトに対しては、マウスで得られた若返り効果のような効果をいまのところ確認できておりません。(2022年3月現在)

    最近のNMNに対する注目度を考えると、この点は意外に感じられる方も多いかなと思います。

    有効性を確かめる前段階として、まずNMNのヒトへの安全性を検証する研究は、進みつつあります。

    (”Effect of oral administration of nicotinamide mononucleotide on clinical parameters and nicotinamide metabolite levels in healthy Japanese men”

    概要: 40 歳以上 60 歳以下の健康な男性 10 人を対象に、100 ㎎、250 ㎎、500 ㎎と異なる量の NMN を経口で各 1 回投与した結果、すべての用量において、NMN の摂取後に、血圧や脈拍などに変化を認めず、肝臓や腎臓などの機能をみる血液・尿検査でも基準値を超える変化は認められなかった。)

    安全性は、「投与しても有害なことが起こらなかった」ということがわかれば目的達成にはなるので、それが効果があるのかについて確かめているわけではないということになります。

    また、研究段階としても発展途上なので、前提として、「低用量・短期間」での検証になっています。

    ヒトへの長期のNMN投与でのリスクについては、今後要検証かと思います。

    ~その3 費用の違い~

    ⇒マウスへの研究結果をもとにヒトがNMNを取ろうとすると、とても費用がかかります

    NMNの効果を示すマウスへの体重あたり投与量(500mg/kg/day)を、

    ヒト(体重60kg)にあてはめると、1日あたり約2500mg(2.5g)となります。

    ※マウスに適用した用量を、体表面積からヒトに概算すると、マウスへの投与用量の12分の1程度と見積もられ、 (マウスの体重1Kgあたり投与) 500mg/kg × 1/12= 41.7mg/kgで60kgの体重のヒトでの一回用量は約2.5gとなる

    製品により価格差がありますが、毎日2.5gを取ろうとすると、1日あたり約1万円かかり、年間300-400万円程度かかることになります。

    幹細胞培養上清による医療も、一般の感覚からすると高額にはなるので、どちらがよいかの判断はここではつけられません。

    なお当院では、臍帯(へその緒)由来の希少な製剤を扱っていながらも、より多くの方に活用いただけるような料金で提供しております。(詳細はHPをご覧ください。)

    幹細胞培養上清についても様々な施設で提供・紹介されていますので、ぜひ色々と比較検討いただくのがよいかと思います。

    ~まとめ~

    ・NMNは最近注目されているが、ヒトへの有効性・安全性に関する研究は発展途上で、まだ示されていない

    ・現段階での研究結果をもとに摂取しようとすると、かなり高額になる

    ということで現時点では、NMNの効果はまだ白黒ついているわけではなく、今後の研究動向をフォローしていく必要がありそうです。

    (個人的には、さらに研究が進んでから試されるのがよいのかなと考えています)

    一方で幹細胞培養上清については、これまでの研究の蓄積からすでに効果が確認されているわけなので、現時点ではよりおススメできる医療だと考えます。

    過去の関連記事はコチラ

    幹細胞培養上清とプラセンタ注射の違いとは?素材も製造法も違うので、当然効果も異なります

    幹細胞培養上清とは? 赤ちゃんのへその緒由来「Jベビースキン」点滴

    慶応義塾大学医学部で、幹細胞培養上清の研究が開始

    ~Jスキンクリニック 診療案内~

    土日祝も営業♪

    診療時間:10:15~18:30 (初回点滴ご希望の方は17:00頃までに受付ください)

    休診日:毎週月曜、第2,4木曜

    東京都中央区新富1-15-3 新富・ミハマビル5F

    八丁堀駅(日比谷線H12)より徒歩2分、新富町駅(有楽町線Y20)より徒歩4分

    東京駅、銀座駅からもタクシーで数分です

    03-6820ー0627

    (お電話・web予約・LINE予約が可能です)