Jスキンクリニック

美容皮膚科

医療脱毛

医療アートメイク

皮膚科保険診療

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ダーマペン
    美容皮膚科

    毛穴ケア、ニキビ跡ケア、美肌治療として人気のダーマペン

    気にはなるけど、まだやったことはない方も多いかと思います。

    よくあるご疑問にお答えします。

    Q. 施術は痛いんですか?

    A. 最初に麻酔クリームを塗り、時間をおいてから施術を行いますので、痛みはほぼありませんのでご安心ください。

    私自身痛みにとても弱いですが(笑)、全然問題なく施術を受けています。

    ちなみにダーマペンの本場オーストラリアでは、麻酔ナシでダーマペンをおこなうことが多いようです。(笑)

    Q. 効果を出すために何回くらいおこなうと良いですか?

    A.

    1回目の施術で効果を実感される方も多くいらっしゃいます。

    しっかり効果を出すために、1か月ごとの施術を3~5回程度継続されることをおすすめしています。

    また、肌質にあわせた美容成分を選択することで、よりオーダーメイドの効果を狙っていくことが可能です。

    まずは1度効果を実感されたり、継続できそうかお試しいただくことをおすすめします。

    当院では初回施術の方向けにお得な初回料金も設定していますし、施術後にお得な回数セットに変更いただくことも可能です☆

    Q.ダウンタイムはどのくらい続きますか?

    A. 施術した部分の赤みが1日~数日間続くことがあります。

    施術の際にニードルの深さを調節できるので、ダウンタイムをなるべく短くしたい際には、ニードルをやや浅めに設定することも可能です

    Q. ダウンタイム期間は仕事に支障がでるレベルですか?

    A. 当院ではマスクエリア限定ダーマペンも可能です。

    赤みのあるダウンタイム期間もマスクでカバーされるので、特に施術翌日からお仕事がある方に好評です。

    お仕事に影響なく、マスクに隠れている間に、美肌治療を進めてしまいましょう。

    いつか(願わくば早く)、マスクなしでお出かけできるようになったときに、

    ・それまでマスクで隠れるからと、ケアをしていなかった人

    ・それまでマスクで隠れるからと、むしろケアをしていた人

    圧倒的な差がでていると思います。

    成果を出す美肌治療に取り組みたい方々に、Jスキンクリニックは手厚く丁寧なサポートをしてまいります!

    過去の関連記事はコチラ

    ダーマペン「ウーバーピール」で低刺激ピーリング&肌質改善

    毛穴・にきび跡治療の定番ダーマペン4

    ニキビ外来新設☆ 繰り返すニキビやニキビ跡のクレーター治療もご相談ください

    まずはカウンセリングだけからでも結構です。お気軽にご来院ください♪

    ご料金・キャンペーン・ご予約についてはHPご確認ください

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ダーマペン
    美容皮膚科

    美肌治療、毛穴改善、にきび肌やにきび跡の治療として人気のダーマペン。

    併用する薬剤には様々な種類があり、目的に応じて使い分けができます。

    今回は、Jスキンクリニックで取り扱っている「ウーバーピール」についてです。

    ウーバーピールはダーマペン最新世代「ダーマペン4」との併用のために特別に配合された、専用ピーリング剤です。

    ↓写真はダーマペンマニアのあかねDr(笑)

    ダーマペン施術直後に使用し、ニキビ肌や色素沈着の改善などお肌のトータルケアとして効果を発揮します。


    ウーバーピールの主な成分として、マンデル酸(25%)、乳酸(5%)、コウジ酸(2%)などの美白成分が含まれています。


    中でもマンデル酸はビターアーモンドから抽出した酸で、色素沈着の改善を促してくれます。(アーモンドの酸ですが香りはリンゴ酢に似ています)


    ウーバーピールは非常に低刺激のピーリング剤であり、ウーバーピールを併用する際はダーマペンの針の長さは短く設定するので、ダウンタイムも少なく施術を受けることができます。


    少しの炎症性ニキビでお悩みであれば、その部分は避けながらダーマペンを施術し、ウーバーピールでピーリングすることで、炎症性ニキビの改善も可能です。

    2-4週間程度の感覚で、3-5回程度継続して治療をされると良い効果を実感いただけるかと思います。

    効果には個人差がありますので、医師診察や専用の撮影機でお肌の状態を確認し、適切な治療プランをご提案いたします。

    ダーマペンのマイクロニードリング技術、

    そしてウーバーピールによるダウンタイムの少ないピーリングと肌質改善、

    ワンランク上の美肌・モテ肌にぜひご活用ください♪

    過去の関連記事はコチラ☆

    毛穴・にきび跡治療の定番ダーマペン4

    ニキビ外来新設☆ 繰り返すニキビやニキビ跡のクレーター治療もご相談ください

    キャンペーン情報はHPトップよりご確認ください♪

    ダーマペン治療費には、麻酔クリーム代が含まれております。施術の他に別途診察料がかかります。詳細については、「治療費」ページをご参照ください。

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ダーマペン
    メディカルスキンケア
    美容皮膚科

    ケミカルピーリングとは、皮膚表面の古い角質層を取り去り、皮膚の細胞に刺激を与えて新陳代謝(皮膚のターンオーバー)を促進する治療法です。


    ケミカルピーリングは使用する薬剤により、いくつかの種類がありますが、当院ではよりマイルドで皮膚への刺激の少ない「サリチル酸マクロゴール」でのピーリングを採用しています。


    サリチル酸は皮脂親和性が高く、毛穴への浸透性がよいという特徴があり、ピーリング作用は角質層レベルまでにとどまるので、ピーリング剤が深部にまで浸透した場合に発生するびらん、潰瘍や瘢痕のリスクは大変少ない特徴があります。軽い刺激感がありますが、施術後の赤みも少ないです。


    肌の新陳代謝を高め、古い角質を除去することで肌のターンオーバー(表皮の生まれ変わり)が促進され、ニキビやくすみなど様々な肌トラブルの解消へ繋がります。
    以下のような方におすすめです

    ・ニキビが出来やすい、ニキビ肌の方

    ・ダーマペン治療の効果を高めたい方

    ・毛穴の開きやくすみが気になる方


    大学病院のニキビ外来でも用いられているこの治療を、Jスキンクリニックでも提供しています。また、1回の治療費が4,500円(税込4,950円)と比較的手ごろですので、特にニキビ治療をしっかりやっていきたい方はぜひお試しください♪ (別途診察料 初診料(2200円)、再診料(1650円)がかかります)


    写真は治療中の自分(笑)

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ダーマペン
    保険一般皮膚科
    美容皮膚科

    Jスキンクリニックは皮膚科保険診療にも対応しています。

    これは、保険診療の有無に関わらず、様々な方法のなかからその方にあった治療をご提案できるようにするためです。

    今回は、にきび治療についてご紹介します!

    いまもにきびがあって困っている方や、にきび跡のでこぼこを何とかしたい、という方にお勧めしたい内容です。

    【名称】

    にきびは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という名前がついています

    【症状】

    大前提として、にきびの原因となるアクネ菌は皮膚に常在していますが、通常悪さはしません。

    しかし次の①②③④のようなステップで、にきびの症状が出てきます。

    • ①食事,ストレス,寝不足,ホルモンバランスの崩れ,メイクをしたまま寝るなどによって皮脂の分泌が増加
    • ②毛穴がつまる(目に見えない)
      →それにより,皮脂が外に出られず,皮膚が膨らんでくる(=コメド、といいます)
    • ③さらに毛穴の中でアクネ菌が増加することにより,炎症を起こす(=赤ニキビの状態)。さらに炎症が強くなると,化膿する(=黄ニキビの状態)
    • ④炎症を起こしてしまったニキビは、治癒後に瘢痕(=にきびあと)を残すことがあります。

    (引用元:ニキビの原因と種類|ニキビ一緒に治そうProject|製薬会社のマルホ (maruho.co.jp)

    【治療】

    Jスキンクリニックでは、現在のニキビの状態に合わせて、保険・自費治療のご提案が可能です。

    ☆保険治療

    ニキビ治療の効果に即効性を求める患者さんが多いですが,3ヶ月~半年はかかると考え,焦らず根気強く行いましょう。

    • ①皮脂分泌の増殖に対する治療:
      ⇒ 食事,睡眠,ホルモンバランスを整える,メイクしたまま寝ないなどの生活の見直しも重要です。医師が丁寧にカウンセリングをおこない、改善できるポイントを一緒に考えていきます。
    • ②毛穴つまり:
      ⇒ ベピオ(過酸化ベンゾイル),ディフェリンゲル(アダパレン),エピデュオ(過酸化ベンゾイル+アダパレン)などの治療薬を、状態に合わせて処方します。
    • ③アクネ菌の増殖:
      ⇒ アクアチムクリーム,ダラシンゲル,ゼビアックスローションなどの抗菌剤の外用。なお、化膿しているニキビがひどい方は,ミノサイクリン、ドキシサイクリンなどの抗生剤の内服をすることもあります。

    ・ニキビの始まり=毛穴つまり,と考えると,毛穴つまりを治さない限りニキビは繰り返します。ニキビが落ち着いた後も,①と②は継続することが大切です。

    【美容自費診療】

    ニキビ跡のクレーター治療には、ダーマペンによる治療をお勧めします。(当院では最新のダーマペン4を導入しています)

    「マイクロニードリング」という技術によって、真皮にある線維芽細胞成長因子の働きが増し、コラーゲン等の生成により肌に弾力を生ませる治療です。

    ニキビ跡の治療以外にも、毛穴の開き対策や、肌にハリを出したり、小じわ対策でも人気を誇っています。

    他には、ケミカルピーリング(古い角質や毛穴汚れを優しく取り除く治療)も近日中に公開予定です♪

    ★ニキビにお悩みの方、まずはお気軽に当院にご相談ください(保険診療も可能ですので、保険証もご持参ください)

    過去の関連記事はこちら↓

    皮膚科保険診療が開始となりました

    毛穴・にきび跡治療の定番ダーマペン4

  • 牧野潤
    代表医師:牧野 潤
    ダーマペン

    Jスキンクリニックでは、毛穴・ニキビ跡・小じわ治療として、「ダーマペン4」を取り扱っています。

    (https://www.dermapenworld.com/microneedling)


    ダーマペンはペン型の機器によって皮膚の浅い部分に非常に微細な穴をあける施術です。

    本来体が持っているきずを治すための力を促すことで、コラーゲンの生成を促進します。それにより肌が再生されることで肌質が改善するため、広く毛穴・にきび跡・小じわ治療に用いられています。

    (ただしダーマペン4は特殊な極細のニードルを使い皮膚の浅い部分にのみ当たるため、実際にきずあととして残るわけではありません)

    またダーマペンの処置直後は美容成分が浸透しやすくなっているため、通常に肌に塗るよりも非常に高い効果がもたらされます。

    ダーマペンの通常施術に加えて、目的に応じた美容液の種類があるのはそのためです。

    ダーマペンの本場オーストラリアでは、日本以上にこの治療が浸透しており、毎月のお肌のメンテナンスに使われているようです。

    またダーマペン「4」というだけあって、初代ダーマペンから様々な改良がなされています。

    ・より高い治療効果と、

    ・より短い/軽いダウンタイム

    のために、ニードルの動きがより安定度・正確さなどが改良されています。

    Jスキンクリニックでは、まず専用の肌診断機(VISIA® Evolution)で現在のお肌の状態を撮影、医師カウンセリングで一緒にその状態を確認します。

    そのうえで使用する薬剤を決めていったり、ニードルを入れる深さを調整します。


    なお、ほぼ全ての方が麻酔クリームを使用するため、Jスキンクリニックでは治療費に麻酔クリーム費用を含めた形で掲載しています。

    (治療費はコチラからご確認ください)

    まずはお気軽にカウンセリングのみからでも大歓迎です!

    アクセスは日比谷線八丁堀駅から徒歩2分、有楽町線新富町駅から徒歩4分です。

    (アクセスはコチラからご確認ください)